ニセコ不動産、世界でトップの降雪量は日本

日本のウィンタースポーツ人口は約600万人と言われていますが、JTBのリリースした情報では、北京冬期五輪後の中国からの訪日インバウンドでのウィンタースポーツ観光客は2030年には1000万人を超えると指標が発表されています。

もちろんこれにプラスして、ASEAN各国や欧米からもウィンタースポーツ人口の訪日インバウンドは増加するでしょう。

さてそんな日本の降雪量、積雪量は世界一というのは皆さんご存じでしょうか。

以下は積雪量ランキングです。

  • 8位:日本 秋田 – 272cm.
  • 7位:カナダ サグネ – 312cm.
  • 6位:アメリカ合衆国 シラキュース – 124インチ
  • 5位:カナダ ケベック – 315cm.
  • 4位:カナダ セントジョンズ – 333cm.
  • 3位:日本 富山 – 363cm.
  • 2位:日本 札幌市 – 485cm.
  • 1位:日本 青森市- 792cm.

日本で最も良質な雪が大量に降雪するのは北海道のニセコ連邦から羊蹄山、余市岳にかけての北側です。

わかりやすく言うと、洞爺湖以南にはあまり雪が降りません。

それはほとんどの雪をこれら標高の高い山々で降雪した後の空風が太平洋側、オホーツク海側に流れるからなのです。

仮に温暖化で積雪が半減しても世界一の降雪量を誇るのは我が国日本なのです。

ニセコの不動産が人気の秘密はこんなところにも隠されているのです。

ニセコ、ルスツ、キロロ付近が外国ディベロッパーが盛んなのが頷けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です